健康診断のご案内はこちらです
横浜循環器呼吸器内科クリニックでは、法令に基づく健康診断をいたしております。
予約制になります。雇入れ時健康診断を9000円で実施しております。
個人による申し込み および 企業担当者様からの申し込み いずれも可能です。
お気軽にお問合せください。

          
特徴

パソコンに1日2回の朝夕の血圧および体重を入力し自動的にグラフを作成するソフトです。

Windowsで使用することができます。

フリーソフトで使用料はかかりません。バグの報告をお待ちしております。




注意)このソフトによるデータの紛失等、いかなる責任も負いかねます。必ず、バックアップあるいはノートへの記載などを併用してお使いください。



バージョン2.001
@使用期限を廃止しました。

A設定画面で、ファイルのコピーを作れるようにしました。

B起動時間を3秒から1秒に変更しました。

B画面で名前を選択し、「ファイルをコピー」を押すと、ファイル名に日時が追加されたファイルができます。バックアップ用としてご利用ください。



印刷画面で血圧の幅の設定ができるようにしようかと思いましたが、時間がなく、変更できておりません。



ダウンロードはこちらから
(2月下旬よりダウンロード可能になると思います)

インストールの方法

                   

適当な場所にダウンロードし、ダウンロードしたzipファイルを解凍します。


kannrichoというフォルダが出来ますので、クリックして開きます。


解答したフォルダには4つのファイルが入っています。



Microsoft .NET Framework Version 2.0 がインストールされている必要があります。
ソフトが起動しない場合、インストールされていない可能性があります。
以下をクリックしてMicrosoft .NET Framework Version 2.0をインストールしてください。

Microsoft .NET Framework Version 2.0 のインストール




使用方法 

今まで使用いただいていた方は、exeファイルの交換のみでOKです。

初めて使用する方は 以下を参考にしてください。

★重要★ 初めてのご使用の方は必ずしてください。
最初に 健康管理帳.exe をダブルクリックして起動させます。
そのまま 何もせずに 右上の×をクリックして終了させます。
フォルダの中に setting ( .doc) と BPData ( .csv) ができていることを確認してください。
今まで使用されていた方は、いままでのフォルダに新しい健康管理帳.exe をペーストしてダブルクリックしてください。




再度 健康管理帳.exe をダブルクリックして起動させます。
ます、タブの設定画面で 自分の名前を登録します。
A に自分の名前を記入し 「名前の追加」を押します。
これで登録は終了です。
                    





タブの血圧データで使用者の欄に自分の名前を表示させます。
▽をクリックして選んでください。







便利な方法

(タブの設定画面で「メインに設定」しておくと デフォルトでいつも名前が表示されるようになります)








タブの血圧データの「追加ボタン」を押します。




入力フォームが出ますので、体重、血圧、脈拍を整数で入力してください。



書き込んでいくと、以下のように血圧の結果が記録されていきます。




以下のように、グラフ表示する1ヶ月間の最終日をセットします。



グラフのタブをクリックするとグラフが現れます。経時的に最高血圧、最低血圧、脈拍を折れ線グラフに表します。

バージョン1.6より カラー表示になりました。



「ファイル」→「印刷」とすると、以下のようなレポートを印刷できます。
バージョン1.6より印刷もカラーになりました。

かかりつけのお医者さんにお見せしてはいかがでしょうか?



名前登録のタブをクリックすると使用者の名前を複数登録できます。






ファイルのコピーができます。時々バックアップをとることをお勧めします。
名前を選んで「ファイルのコピー」をクリックします。



14215は 2014年2月15日の日付の意味です。名前の変更で適当な名前に変えてください。




バージョン1.7より、グラフの色とフォントを変えられるようにしました。
setting.doc というファイルに情報を記憶させますので、変更確定を押すと次回再起動時にも変更が反映されます。
もとのデフォルトに戻したい場合は、setting .doc というファイルを削除してください。
フォントの変更で使用できるフォントはパソコンにインストールされているフォントに依存します。フォントを増やしたい場合は、年賀はがき作成ソフトなどからインストールするとよいかもしれません。





※ 更新履歴 

バージョン1.902
@ 64bit のOSにおいて、グラフの日付に曜日が重なるバグがでないようにしました。
(自分のvista、win7ではこのバグは再現できませんでしたが、考えられる原因に対処しました。おそらく改善していると思います。)

バージョン1.901
@入力画面で、空欄の場合に"0"が表示されないようにしました。
 
A再起動後に「変更」した場合、再起動しないと結果が反映されない点を改善しました。
B「追加」で 既に記入済みの日付を選択した場合、「変更」での入力を促す警告がでるようにしました。その結果、
日付が2つ作成されないようになりました。

Cソフトの更新情報などを「お知らせ」の項目に表示できるようにしました。


D
血糖管理帳のようにmdbなどのデータベースの仕様に全面変更しようかと思いましたが、今までのcsvの継承等も考え、今回は見送りました。


2014年3月1日で使用ができなくなります。
2014年2月になりましたら、新しいバージョンを用意いたしますので、ダウンロードしてご使用ください

バージョン1.802

バージョン1.801の一部不具合を調整しました。
血圧の一覧が、最近のものから順に並ぶようになりました。
血圧の一覧におけるスクロール位置を改善し、一番左の余計な行を消し、デフォルトで文字の反転の存在をなくしました。
収縮期血圧が135mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上では赤色で表示するようにしました。

2012年3月1日で使用ができなくなります。
2012年2月になりましたら、新しいバージョンを用意いたしますので、ダウンロードしてご使用ください


バージョン1.703
★バージョン1.6から継続して使用する場合は、健康管理帳1_703.exeのみを古いバージョンのフォルダに入れて、起動させてください。
起動確認後、古い健康管理帳.exeは削除してください。





グラフの縦軸の最低値を40に下げました。脈拍が40台の方がグラフの外に出ないようになりました。


「名前変更」のタブを「設定」に変えました。

「設定」の追加機能として、

@ グラフの縞模様(ストライプライン)と境界線(ボーダーライン)の色を変更できるようにしました。

  バーをスライドさせて色を作ってみてください

A グラフ中の文字のフォントを変更できるようにしました。

  パソコンにあるフォントを自動で表示しますので、選択してください。


ソフトを起動すると新しく「setting.doc」というファイルが作成されます。

最下段の「変更確定」をクリックすると変更内容が「setting.doc」に保存されます。

「setting.doc」を削除して起動すると、最初の配色に戻ります。

※ 印刷の画面で「ファイルに出力」のチェックをはずしてください
1.703以降ではこの問題はありません。



バージョン1.605
windows Vista で表示が重なる不都合を改善しました。


バージョン1.603
バージョン1.603を作成しました。バージョン1.6でのエラーを改善しております。
1.6をダウンロードされた方も、申し訳ありませんが差し替えてご使用ください。


変更点


31日分のグラフ表示でグラフが表示されない点を改善しました。

印刷で、表示範囲の月の表示の誤りを訂正しました。

グラフ表示および印刷での体重を小数第2位までとしました



変更点(バージョン1.6) ←中止

グラフ表示と印刷をカラーにして見やすくしました。

グラフ画面で、一部の日付が表示されないバグを解消しました。

その他、微妙に変更しました。



変更点 (バージョン1.5)

自分お名前を登録することで複数の方に使用していただけるようになりました。家族や、グループでのご使用が可能です。

名前の変更、削除も簡単にできるようにしました。

印刷時には、登録した名前が印刷に載るようにしました。

印刷のプレビューを大きくし、見やすくしました。


今までのファイルを名前を登録して使用する場合は、BPData.csvを、「好きな名前」 + 「BPData.csv」として新しいフォルダーに入れてください。(そのままでも構いません)

(例) 横浜太郎BPData.csv




            <ホームへ戻る>